地質調査で安全な土地か判断する┃現地に行って調べる

男性

地盤の調査をする

工事

家を立てるときは、必ず地盤調査を行ないましょう。調査を怠ってしまうと、時間が経ったときに沈下事故が起こる場合があります。一度沈下した土地の修復には、膨大な費用がかかる可能性があるので注意しましょう。

Read More...

定期的に確認する

ヘルメット

防火対象物点検は、大きなビルを管理する人に課された大切な義務の一つです。そのため、管理する責任者として適切な期間で確認をして手続きを行いましょう。防火対象物点検資格者と一緒に点検することで、専門的なアドバイスをもらうことができます。

Read More...

幾つかの方法

作業服

液状化対策をすることで、地盤の緩みが気になる土地でも安全に暮らすことができる場合もあります。いくつか施工方法があるので、その土地に合った方法で工事を進めていくことができるでしょう。

Read More...

過去の土地も調べる

工事現場

地質調査、つまりどういった土地なのか、強度はどのぐらいあるのかを調べるには、幾つかの手順を踏む必要があります。まず一つ目に現地の調査をします。現地の調査方法は幾つかありますが一戸建てを建てるときに使うのは主にスウェーデン式サウンディング試験です。この方法は、先端部分にスクリューが付いたロッドと呼ばれる棒を使います。その棒を、地面に刺して地質調査を行ないます。この方法は、地質調査のなかでもコストをかけずに沢山のデータを取ることができるので、個人の一戸建てを作るときには最適の方法です。最近は、もっと詳しく調べることができる方法が開発されています。その方法ならば、土の種類を判別することができるため、より正確に地質調査を行なうことができます。その次に必要なのは資料を使って地質調査です。昔の資料を見ることで、現在との違いを見つけ、昔はどういった事に使われていた土地なのか詳しくしらべていくのです。昔、川や海などがあった土地は時間が経つにつれて地盤が緩む可能性があるので、家を建てる時にしっかりと補強工事をする必要があります。資料である程度地形の確認をしたら、今度は周辺調査に移ります。周辺の建物を調べることで、過去に沈下事故があった場所なのかどうかを確認することができるため、この調査は地質調査には大切なことです。周辺建物の壁に、亀裂がある場合や、道路が波打ってる場合は沈下する危険性が高いという判断の一つになります。