幾つかの方法|地質調査で安全な土地か判断する┃現地に行って調べる

地質調査で安全な土地か判断する┃現地に行って調べる

メンズ

幾つかの方法

作業服

災害の被害に合った土地で起こることがある、液状化現象は事前にしっかりと対策をしておく必要があります。しかし、液状化対策をする前にどういった土地が被害に遭いやすいのか把握しておく必要があります。まず、緩い砂地盤には気を付けましょう。緩い砂地盤は、海岸や河口付近にあることが多く、地盤が普通の土地に比べてとても柔らかい性質をしています。その次に、気を付けるのは地下水の位置です。地下水が地上から10メートル以内にあり、水位が低い程、液状化現象が起こりやすくなります。このような土地は、大きな地震があると一気に地形が崩れてしまい液状化現象の被害にあう可能性が高くなります。

上記のような土地は、液状化対策の方法を使って地盤を固めていきます。例えば、サラサラとした砂の土地の場合はセメントなど固化材を使って地層を固めていきます。液状化する地層に混ぜて固めることで、液状化対策をすることができるのです。その他にも、緩い地盤の場合は、重機で穴を掘り、空いた穴に砂を押し込む方法で固めることもできます。この方法は、無理矢理砂を入れることで地盤を圧縮するため、地盤をより強固にすることができるのです。このように、幾つかの方法を使って液状化対策をすることで、被害を未然に防ぎより安全に暮らすことができる環境を作ることができます。振動や騒音など、住民に迷惑にならないように静かな施工工事をすることも可能のため、地盤の緩みが懸念されている住宅街でも工事をすることができる場合もあります。