定期的に確認する|地質調査で安全な土地か判断する┃現地に行って調べる

地質調査で安全な土地か判断する┃現地に行って調べる

メンズ

定期的に確認する

ヘルメット

防火対象物点検という言葉をあまり耳にしたことがないという人も多いでしょう。これは、平成十五年から開始された建物安全点検の一種です。大型のビルやデパートなどに義務付けられており、定期的に行なうことが義務付けられています。防火のことに詳しい知識を持っている、防火対象物点検資格者と一緒に建物の責任者と面談をし、建物内の点検を行ないます。こういった事が実施されるようになったのには理由があり、昔、雑居ビルで火災が発生したときに、きちんと点検がされていなかったことが原因で逃げ遅れた大勢の人が亡くなってしまうといった事件がきっかけと言われています。こういった被害を無くすためにも、定期的に防火対象物点検資格者と避難経路の確認と、火災装置の点検をする必要があるのです。

防火対象物点検で行なわれる点検内容は、防火管理者が誰なのかという事と消防計画の届出がきちんと提出されているか、消防計画の為の事項や適切な実行はされているか、避難をするために必要な施設の状況管理などです。常に点検しておくことで、災害が発生した場合でも適切な判断で対応することができますし、スムーズに非難することができるため、とても重要なことの一つです。防火対象物点検資格者と一緒に点検をすることで、再度安全かどうか確認することができます。もし、防火対象物点検を怠った場合は、違反金や罰則が与えられます。罰金の場合は30万円以下の支払いか勾留になるので注意しましょう。