地盤の調査をする|地質調査で安全な土地か判断する┃現地に行って調べる

地質調査で安全な土地か判断する┃現地に行って調べる

メンズ

地盤の調査をする

工事

家を建てるときに、必ず行なう作業の一つに地盤調査があります。地盤をしっかりと調べることは将来的に安心して住み続けることができるかどうかといったポイントに繋がります。家は柱や壁に支えられて作りあげていきますが、最も大切なのは、地盤の強度です。地盤は、目で見て良い場所かどうか判断することはできません、そのため、実際に専門の業者に依頼をして地盤調査を行なってもらう必要があります。場所によって状態が異なるので、専門家による判断が必要不可欠です。

もし、地盤調査を怠って、その上に家を建ててしまうと沈下事故の原因になります。沈下事故とは、建てた家の重さに土地が耐えられなくなり徐々に沈んで行ってしまうのです。そのため、家の基礎ともいえる柱にヒビが入ってしまったり、建物が歪んでドアが開かなくなったりしてしまいます。家が傾くと、住居の下にある下水管にも影響が出てしまうため、嫌な匂いの原因にもなるでしょう。また、買った当時は価値のあった土地や家でも傾いてしまったりすると資産価値が一気に下がってしまう場合もあります。そういった事態になってしまうと、その土地に住むことは危険になりますし、もう一度家を立て直すにも膨大な費用が掛かってしまいます。建て物以外にも、健康面に被害が出てしまう可能性もあるため、家を建てるときはしっかりと地盤調査を行ないましょう。地盤調査で事前にどういった特徴がある土地なのか調べることができれば、その土地に合わせた建築方法で家を建てることができます。